日本大学芸術学部音楽学科 大学院芸術学研究科音楽芸術専攻

コース案内

作曲・理論コース

ひとりひとりの学生に、自分自身の創作の世界を見つけ独創的で良質な音楽を生み出して行って欲しい、そんな考えのもと作曲コースでは、第一線で活躍する経験豊かな作曲家たちが、学生の個性を大切にした丁寧な指導を行っています。クラシック音楽の作曲技法の学習をベースにしながら、現代音楽、日本の伝統音楽、民族音楽、映像や演劇の音楽、最先端のテクノロジーの学習などを絡めて創作の幅を広げて行くことが可能です。オーケストレーションや、作曲家の発想を演奏家に正確に伝える技術としての記譜法など、実践的な側面の学習にも重点を置いていて、学生が作曲した作品を実際に音にしてみる機会も充実しています。

理論コースでの研究の対象は、理論、作曲家、作品、楽器、歴史、文化、社会などと極めて多岐にわたります。授業では、音楽学的研究の多様性と、それらにアプローチして行くためのさまざまな方法を、基礎から学ぶことが出来ます。その後、各々の学生が選びとったテーマについて、その領域のスペシャリストの指導のもとに研究を深め、卒業論文の作成を目指します。西洋音楽はもちろんのこと、日本の伝統音楽や世界各地の民族音楽、あるいは、現代の音楽などについて学ぶ機会も充実しています。和声、作曲、音楽形式、作品分析などの学習、また、ピアノや声楽などの演奏技術の習得にも力を注いでいます。

音楽教育コース

「人間は生きている証として、生涯にわたって学習する」との発想に立ち、生涯学習の一環としての音楽教育の活性化が求められています。音楽教育コースでは、こうした社会の変化に対応し、生涯学習社会にふさわしい音楽教育のあり方を探求しています。また現在注目を集めている音楽療法も学べる環境が整備されています。これまでの学校教育を基盤としてさらに柔軟な視点をもった音楽教育実習、学習指導要領に沿った雅楽の授業および尺八や筝などの邦楽器実技の充実、音楽の楽しさを広く社会に提供できる人材の育成など、音楽教員採用に根差したカリキュラムを備えています。また日本音楽療法学会認定の音楽療法士(補)の受験資格に対応したカリキュラムも整備されています。学内の音楽療法セッションルームに地域の障がいを抱えるお子さんを迎えての音楽療法実習、さらに地域の高齢者施設、障がい者施設での音楽療法実習など、地域との連携のもとに音楽療法が学べます。音楽教育コースでは教員採用試験や認定音楽療法士試験でも高い合格率を保っています。教育とは何か、音楽とは何か、現代が求めているものは何か。音楽教育と音楽療法の両面から、音楽教育のあり方を検討し、新たな発想で音楽教育の「今」を見据え続ける音楽教育コース。これからも時代が求める音楽教育を構築していきます。

声楽コース

声楽コースは、指導陣の目の届く人数を定員とし、学生の特性を知ること細心の注意をはらい、それぞれの才能を丁寧に育てることを理念としています。演奏者として必要な、基礎能力の獲得を目指し、進度にそって、歌曲からオペラ・アリアまで、自由に歌いこなせるよう導きます。また、オーケストラで合唱したり、オペラ公演も経験できます。

キャンパスの中を、音楽学科の学生だけでなく、俳優の卵も、カメラを構える学生も、画材を抱えた学生も闊歩する、活気に満ちた芸術学部です。あなたが好奇心豊かであれば、日芸は、あなたの夢を叶える最良の学習の場になるでしょう。

ピアノコース

ピアノコースは、徹底したマン・ツーマン教育(個人レッスン)により、各自の志望を尊重しつつ、個性豊かな演奏能力の向上を目指します。ピアノを生かす道は、演奏家、伴奏者、指揮者などさまざまです。基礎的な訓練から、より高度な技術の習得に向けて、バッハから古典派、ロマン派、より高度な近・現代音楽にいたる段階的なレパートリーのカリキュラムをもとに、必要な表現力、ペダリング等の技術を学びます。それらの研究成果を、試演会の舞台で発表し、研鑽を積んでいきます。

また、試演会により、ピアノコンサート、サマーコンサート、定期演奏会、その他にも室内楽、ピアノコンチェルト等の発表の場が用意されています。

弦管打楽コース

独奏、室内楽、管弦楽、吹奏楽などのさまざまな演奏形態への対応が求められる弦管打楽コースでは、各分野とも演奏の実践教育を中心に、少人数制による徹底した演奏家養成教育を行っています。

指導にあたるのは、世界各国で開かれるコンクールで審査員を努めたり、あるいは日本を代表するオーケストラの首席演奏者など一流の講師陣。 現場での体験を生かした実践的な指導により、演奏家としての高度な実力と実践力を養えます。オーケストラ定期演奏会や、ウィンドオーケストラの演奏会、室内楽演奏会など、発表の場がたくさん設けられています。

情報音楽コース紹介ページへ

情報音楽コースでは、最先端の音楽情報処理技術を身につけ、これまでにない新たな音楽分野を開拓しています。コンピュータが日常社会に普及して、音楽表現のありかたや音楽ビジネスはここ数年大きな変容を遂げました。この状況に対応するため、情報音楽コースでは、音楽の学習とともに、音響学、音楽情報処理の徹底的な指導によって、最先端の表現を可能にする人材を育成しています。フランス国立音楽音響研究所(IRCAM)や、IAMAS出身の教員による国際的にもトップレベルの指導のもと、ProToolsなどの音楽制作で広く用いられているソフトウェアはもとよりC言語、Java、MaxMSP、Arduinoなど、より専門的な研究のためのソフトウェアも授業で取り扱います。アーティストとして国内外で活躍する卒業生、AKB48などのアイドルグループの作曲家、ソニーミュージックエンタテインメント、エイベックス、ユニバーサルミュージックなどのレコード会社、セガ、スクエア・エニックス、タイトーなどのゲーム会社、その他にも放送業界、IT業界、メーカーに多くの卒業生を送り込んでいる実績があり、4年間で学んだ表現力、研究開発力、実行力を世に証明しています。音楽の未来を作りあげよう!